国分寺市 頭痛

国分寺駅 南口 徒歩2分   
平 日 10:00 ~ 20:00  
土 曜 10:00 ~ 18:00  
定休日 日曜・祝日     

ご予約・お問い合わせ・ご相談はお気軽にどうぞ。
Tel. 042-313-9395 

頭痛について


このページは、頭痛について説明しています。

次の様なことでお困りの方は、原因と対処方法についてご覧下さい。

頭痛の分類


頭痛とひとくちにいっても、日常的なものから生命にかかわるものまで様々な種類があります。

頭痛は大きく分けると、一次性頭痛(基礎疾患のない頭痛)と、二次性頭痛(原因疾患がある頭痛)に分けられます。

現在、日本では4人に1人(約3000万人)が頭痛持ちといわれ、そのほとんどが片頭痛や緊張型頭痛などの一次性頭痛とされています(頭痛全体の80%を占める)。

ただし、中には危険な頭痛(二次性頭痛)も潜んでいるため、鑑別がとても重要になってきます。

頭痛の対処方法について

カイロプラクティックケアによる改善

カイロプラクティックでは、主に一次性頭痛(片頭痛、緊張型頭痛)や首の問題からくる頚椎原性頭痛、頭頚部の筋肉の緊張によっても引き起こされる後頭神経痛などが、適応範囲となります。

施術は頭頚部、顎関節、胸背部などの骨格(歪み)の矯正、筋バランスの調整、神経機能の正常化を図っていきます。また原因となっているものが他にあればそれも改善していきます。

頚部は自律神経との関わりが深いため(副交感神経の一部や交感神経節との交通があること、自律神経の中枢である脳幹と近いことなど)、自律神経の正常化を図るには頚椎の調整も重要となります。

緊張型頭痛と頚性頭痛は、頚椎の歪みや筋肉の異常が引き金になっていることが多いため、カイロケアでは比較的改善しやすい頭痛といえます。

片頭痛に関しては、発症の引き金が人によって異なり(またわかりにくい)、体以外の要因も大きいため、体のケアに加えて、生活習慣の見直や改善も必要になってきます。

カイロケアが有効な頭痛

  • 片頭痛・偏頭痛
  • 何らかのきっかけ(主にストレス)が原因で、脳の血管が拡張し、血管周囲に炎症が起こることで生じます。

    日本人の成人の1割弱(8%)が片頭痛持ちで、女性に多く(男性の4倍)、ほとんどが30歳までに発症します。月に何度か生じ、頭の片側あるいは両側のこめかみあたりが脈を打つように「ズキンズキン」「ガンガン」と痛み、ひどくなると頭全体が痛むこともあります。また、めまいや胃腸症状を伴うこともあります。

    誘発因子としては、食事の欠乏、食品(アルコール、チョコレート、チーズなど)、睡眠の過不足、ホルモンバランス、環境要因(天候、強い光、匂い、騒音、人混みなど)、運動、ストレスなどがあげられます。また遺伝的になりやすい体質もあるといわれています。

  • 緊張型頭痛・緊張性頭痛
  • 精神的身体的ストレスによって首や肩の筋肉が緊張し血流が悪くなって生じる頭痛です。

    最も一般的な頭痛で生涯有病率は30~78%、頭痛の7~8割を占め、日本人の成人の22%(2200万人)がこの緊張型頭痛といわれています。若年~中高年に多く、女性にも男性にもみられます。

    後頭部から首筋にかけて、あるいは頭全体が「ギュー」「ジワー」と締め付けられるような痛みで月に数回から毎日と様々です。肩こり、首の張り、眼の疲れ、めまいなどを伴うことがあります。

    発症要因としては、身体的ストレス(受動的な筋収縮、長時間のうつむき姿勢、眼精疲労、頚椎の異常、顎関節症など)、精神的ストレス(社会的心理的ストレス、不安、うつなど)、性格的要因(リラックスできない性格、マイナス思考、ストレス耐性が低いなど)などがあげられます。

  • 頚性頭痛・頚椎原性頭痛
  • 頚部の問題によって生じる頭痛で、主に上部頚椎の機能障害が関連痛として頭部に現れます。

    小児期から老年期までどの年齢でも見られ、男性よりも女性に多いといわれています。一過性から慢性と様々で、頚椎や後頭部、あるいは前頭部、側頭部、頭頂部、眼窩部、耳などに疼くような痛みや鈍い痛みを感じます。悪心やめまいなども伴うことがあります。

    特定の首の動きや姿勢によって頭痛が悪化する傾向にあり、カイロプラクティック検査では頚椎や後頭骨の機能障害が多く認められます。

    発症要因としては、長時間の前屈位やうつむき姿勢、頚部や背部の静的負荷、外傷、変性、頚椎の障害、ストレートネック、咬合異常、眼の障害、筋筋膜痛症候群、精神的ストレスなどです。

  • 後頭神経痛
  • 後頭部や頭頂部、側頭部や耳の後ろに間欠的な「ピリピリ」、「ビリビリ」とした痛みが走ります。

    後頭神経痛には大後頭神経痛、小後頭神経痛、大耳介神経痛があり、障害を受ける神経によって症状の場所が違ってきます。大後頭神経であれば後頭部から頭頂部付近、小後頭神経であれば側頭部付近、大耳介神経であれば耳の後ろ付近です。これらの神経が何らかの原因によって、刺激を受けると神経痛として現れます。

    原因として多いのは、肩こりや首のこりが強いことです。後頭神経は頭部の皮膚の知覚を司っていますが、頚椎から出た神経は頭部を支える頚部の筋肉の間から皮膚の表面に出てくるため、筋肉による圧迫を受けやすいといえます。また頚椎の出口付近(椎間孔)による神経の圧迫もあります。

カイロケアの適応でない頭痛について

カイロプラクティックでは、問診と検査によって適応かそうでないかを判断し、適応でない、あるいは危険な頭痛だと判断した場合は、専門機関へ紹介させていただきます。

「突然の激しい頭痛」や「今までに経験したことのない頭痛」、また「手足のしびれ」や「意識障害」、「発熱」などを伴う「いつもと違う頭痛」の場合は、すぐに病院での検査をお勧めします。

病院の検査結果、診断でも異常がない頭痛、慢性頭痛などでお悩みの方は、国分寺カイロに一度ご相談下さい。

ご予約・ご相談はコチラまでどうぞ

国分寺カイロの案内

Tel. 042-313-9395

「 ホームページ見ました 」 と、お気軽にご連絡下さい。

受付時間

  平 日 10:00 ~ 20:00
  土曜日 10:00 ~ 18:00

定休日 日曜・祝日


インターネット予約

ライン

2017年4月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30

カレンダーの 赤枠 の日はお休みです。

国分寺カイロ/マップ

国分寺駅南口より徒歩2分です。

ページトップへ戻る

Patient Voice

Menu

Indication

Calendar

Office Guide

Data

Mission

Blog

Mobile Site

Main Menu

Sub Menu

Copyright(C) 国分寺カイロプラクティックオフィス All Rights Reserved.