国分寺市 坐骨神経痛 ぎっくり腰 急性腰痛

国分寺駅 南口 徒歩2分   
平 日 10:00 ~ 20:00  
土 曜 10:00 ~ 18:00  
定休日 日曜・祝日     

ご予約・お問い合わせ・ご相談はお気軽にどうぞ。
Tel. 042-313-9395 

腰痛について


このページは、腰痛について説明しています。

次の様なことでお困りの方は、原因と対処方法についてご覧下さい。

なぜ、腰痛は起こるのか?

腰痛の原因は様々

腰椎

腰痛持ちは全国で2800万人(4人に1人)、生涯罹患率は84%という報告もあり、腰痛は肩こりと並んで国民病のひとつとなっています。

腰痛の多くは、腰部や骨盤の筋肉、関節、靭帯、椎間板などの筋骨格組織の障害ですが、中には内臓疾患、血管の病気、感染症、腫瘍など危険な腰痛も含まれています。

さらに腰痛には心理的要因が大きく関わっていることもあり、非常に複雑な因子を絡んでいる部位だといえます。

構造的に腰部は脊柱の中で最も下に位置し体を支えているため、特に物理的負担を強いられます。また、体を曲げたり伸ばしたりという動きを可能にするために可動性も大きいのが特徴です。

そのため、重いものを持ち上げる動作、長時間の座りあるいは立ち仕事、不良姿勢、ムリな体勢や動き、スポーツ、運動不足、体重の増加、ストレスなどでは筋骨格組織が障害されてしまい、様々な症状を引き起こします。

筋肉疲労、ぎっくり腰、椎間板ヘルニア、腰椎症、坐骨神経痛などがその代表例です。

姿勢の変化による腰部への負担

日常生活では様々な動きや姿勢をしていますが、その何気ない動きや姿勢によって腰にかかる負担も変わってきます。

スウェーデンの整形外科医アルフ・ナッケムソン(Alf Nachemson MD, PhD)の研究では、直立したときに腰にかかる負担を100%とした場合の椎間板内圧の変化を次のように算出しています。

仰向けで寝る     ■25

横向き寝で寝る    ■■■75

直っすぐ立つ     □□□□100

立って前屈み     ■■■■■■150

立って前屈みで物を持つ■■■■■■■■■220

座る         ■■■■■■140

座って前屈み     ■■■■■■■185

座って前屈みで物を持つ■■■■■■■■■■■275

中腰姿勢や体を曲げたまま重い荷物を持つことは、腰部への負荷が大きく、ぎっくり腰などの原因となります。なるべく体が真っ直ぐ(中間位)の姿勢でいられるようにすること、重たい荷物を持ち上げるときには体を曲げるのではなく、膝を曲げて持ち上げるなどの工夫が必要です。

腰痛の対処方法について

カイロプラクティックケア

腰部は5つの腰椎、椎間板、関節、靭帯、筋肉によって支えられ、前弯を描いています。そして、脊柱と骨盤を連結し、体の要「腰」として働いています。

カイロプラクティックの施術では、脊柱・骨盤の生理的な弯曲や傾斜の維持、アライメント、可動性の改善、腹筋、背筋、側腹筋など、腰部周囲筋の安定化が中心となります。

また脊柱以外で腰部に大きく関わるのは骨盤、股関節であり、これらの部位の異常も腰の障害につながります。そのため腰痛ケアでは、腰部、骨盤、股関節のケアも同時に行っていきます。

腰部への負担を減らし、脊柱全体としての機能を維持し、他関節との連動性を高めることで腰痛の改善、予防につながります。

ご予約・ご相談はコチラまでどうぞ

国分寺カイロの案内

Tel. 042-313-9395

「 ホームページ見ました 」 と、お気軽にご連絡下さい。

受付時間

  平 日 10:00 ~ 20:00
  土曜日 10:00 ~ 18:00

定休日 日曜・祝日


インターネット予約

ライン

2017年10月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031

カレンダーの 赤枠 の日はお休みです。

国分寺カイロ/マップ

国分寺駅南口より徒歩2分です。

ページトップへ戻る

Patient Voice

Menu

Indication

Calendar

Office Guide

Data

Mission

Blog

Mobile Site

Main Menu

Sub Menu

Copyright(C) 国分寺カイロプラクティックオフィス All Rights Reserved.